2022年8月16日火曜日

気持ちになるオーダーケーキ


軽井沢に愛犬をともなってお出かけになり、旅先でお誕生日を祝われるご予定をたてられたお客さまから、ケーキのオーダーをいただきました。

 8月に3名さまがお誕生日というご一行のなかで、おかあさまが主役。

そして、ご一緒の愛犬たちにも、ケーキをというオーダーをお受けしました。

 

 

 

フルーツ好きな犬もいるのを知っていますが、お問い合わせすると、くだものはなくていい、というケーキをお作りすることになりました。

お誕生日ケーキは、レアチーズのクリームとともに、ブルーベリーをサンドしながら、仕上げました。

愛犬用のケーキはふたつ。おから、米粉のスポンジに、豆腐のクリームをサンドしました。

プレートが、ボーンのかたちです。

ケーキの上のブルーベリーも、なんとなく、このかたちに、ドレセしました。

愛犬家のみなさまでめしあがっていただく、ケーキです。

 

ブルーベリーのちがいがありますが、もしかしたら。

 

ケーキを囲まれている飼い主のみなさまの光景を、犬たちはどのように、みるのでしょう。

たぶん、共有したいと、思うはず。

同じようなケーキを、与えてもらったら、うれしいかも。

そういう気持ちになる、ケーキを、お作りしたいと思いました。


オーダー、ありがとうございます。




 愛犬のおやつを、袋に入れて添えました。

フルーツはなし、でももし、お豆腐のクリームが、あまりおいしくめしあがれあいようだったら。

もしそうであれば、ケーキには、甘いなにかをプラスして、飼い主のみなさまが、めしあがっていただけるように。

愛犬のおやつはたぶん、めしあがっていただけるはず。

もしかしたら、おみやげにしていただけるかも、しれません。

2022年8月15日月曜日

愛犬家のオーダースイーツ


愛犬をともなって歩かれる方、愛犬をともなって滞在される方が多いといわれる軽井沢で、菓子店を営みながら、2009年のオープン年から、愛犬のおやつが、コルリスイーツのメニューにあります。

愛犬のおやつは、焼き菓子で3種類。

小麦粉を使って、鶏肉が入ったクラッカーや、乳製品、卵を使わないクッキー、米粉とおからを使ったクッキーが、おもです。


ときどき、愛犬用のケーキのオーダーも、いただいてきました。


軽井沢のご旅行に愛犬とご一緒に。

お誕生日のおかあさまと、実は8月に3名さまがお誕生日というお客さまから、ケーキのオーダーをいただきました。

メールのやりとりの間に、犬用のケーキが作れるかどうかのお問い合わせがあり、それではと、愛犬用のケーキも、あわせてご用意することになりました。


 米粉とおからのクッキーに、おからや豆腐、少し米粉の入ったスポンジを焼きました。

 

ケーキのプレートも、焼きました。

プレートのサブレは、お砂糖も、乳製品(バター)も、卵も入っています。

2022年8月14日日曜日

マルシェの収穫


週末にマルシェを、という機会は、ときどき見かけるイベントですが、夏はとくに、多いかもしれません。

特大のズッキーニを、みつけました。

形も大きさも、メロンかと思ったズッキーニを、記念購入。


¥50でした。


軽井沢のズッキーニたち。

お菓子になるかどうか、いえ、でもその前に、試食が大事です。


いろいろな言い訳をしながら、楽しい収穫に出合えます。

夏の軽井沢に、お出かけのご予定を、おすすめいたします。
 

2022年8月13日土曜日

葉月の虹数スイーツ


 また週末土日がやってきました。

きのうお休みをとれば、木曜の山の日から4日お休み、軽井沢にお出かけ先を選ばれた方はどれぐらい、おられるのでしょう。

今月もまた、虹、虹数なスイーツを、考えています。

葉月の虹数。

葉、リーフといえば、紅茶葉とかこつけて、紅茶のパウンドを焼きました。

ハーブの日という8月2日にご紹介したハーブティ、カフェインフリーのやさしい紅茶に、定番アールグレイ、チャイ、蓮の葉のロータスティ、かんきつの果皮が入ったさわやかなディンブラ、ダージリン、ローズティ。

虹数の紅茶のパウンドたちは、すべてカットして、並べました。

お菓子屋の、ラスクになります。


オーダースイーツをおつくりしています。

またご紹介させていただきたいです。

2022年8月12日金曜日

週末の信州産デザート


長野県でいちばん、全国でも屈指とされる産地、松本の波田地区のすいか、です。

波田のすいかを知ったのは、コルリの店をはじめる前でした。

ほかと食べ比べる機会がないので、どうおいしい、やっぱりおいしい、という差、感覚を味わえないのですが、でもやはり、おいしいすいかです。

コルリスイーツは、地場のよい素材を、率先してスイーツにしています。

このすいかは・・・

出も間違いなく、この週末のデザートになります。

残暑といわれる夏は、でもまだまだこれからです。

オーダーケーキのお約束をいただいたり、おなつかしい再会をさせていただいたり。

いわゆるお盆の8月をまた、むかえています。
 

2022年8月11日木曜日

軽井沢ベリーのそしてゆくえ



 地場の素材をつかってお菓子をつくることができる醍醐味は、2009年のオープン年から、かわることがありません。

採れたてのブルーベリーをつかって、ケーキをお作りする機会をいただいています。


夕方のお受け渡しにあわせて、お作りしてまいります。

8月唯一の祭日、軽井沢にお出かけのご予定をたてられましたら、青い鳥の菓子店をみつけていただきたいです。

 

 

2022年8月10日水曜日

季節のおかし


ブルーベリーポピーシードのケーキを、アイシングを使って仕上げました。

大きな型で焼くときは、中央にブルーベリーを山盛りにのせて、焼きます。

めいめいサイズで焼いたものは、お使い勝手がいいかも、しれません。切り分けるお手間も不要です。


そのときどきの、ブルーベリーの味わいを、楽しんでいただくことができます。

そのままでも、凍らせても。

そして、加工しても。

それぞれのおいしさをたしかめていただきたいです。
 

2022年8月9日火曜日

軽井沢ベリーのゆくえ


完熟のブルーベリーたちを、焼きました。

ブルーベリーポピーシードの、アメリカンなケーキです。

 

軽井沢でとれることしのブルーベリーの味を、さまざまに、楽しんでいただきたいです。

 

カヌレ型で焼いて、くぼみのところにブルーベリーをのせる考えもあったのですが、やはりもう少し、いえ、もっともっと、ブルーベリーを入れて焼きこみたいスイーツです。

 

きょうは、もしかしたらのご来店があるかもしれない日です。もしかしたらのご来店がもしあったら・・・

 

2022年8月8日月曜日

軽井沢ベリーのゆくえ


きいちごが、ことしは早くて、もうそろそろ、終わってしまいそうです。

8月のなかごろまで、みつけることのできたきいちごたちは、ことしはそろそろ、ブラックベリーにバトンタッチしそうな。
ブルーベリーも、採れています。
ことに陽ざしを好むブルーベリーはきっとことしは、よい収穫と呼べるのでは。

軽井沢では、いくつかのベリーファームで、ベリーの収穫を体験することができます。

ブルーベリーは、小諸の近くに、大きなスポットがいくつかあります。


コルリの店でスイーツに出合っていただきたいところですが、たぶんきっと、醍醐味を感じていただけるのは、そのまま、かもしれません。
 

2022年8月7日日曜日

なんちゃってスイーツ 花ズッキーニ


カヌレ型のスイーツ試作も、あいかわらず続いています。
もうそろそろ、暑中おうかがいは、残暑に。

ズッキーニのお話から、コルリの野菜畑の話をさせていただいていましたが、カヌレ型で、グルテンフリーのスポンジの生地を、焼いてみました。

デムレすると、あらあら・・・

なにかに似ているような。

ズッキーニの花のように、みえたのは、ズッキーニのお話をしていたせいかもしれません。

もしくは、エンゼルトランペット、チョウセンアサガオでしょうか。


お蔵入りのなんちゃってスイーツになりますが、ほほえましいかたちを、ご紹介したくなりました。

8月さいしょの週末、まかないおやつがしめくくりになるのでしょうか。
 

2022年8月6日土曜日

軽井沢の季節のおいしい


 8月さいしょの土日、曜日の感覚があまりなくなるのは、夏休みの様相か、陽射しや気温が高いせいか、どちらか、どちらもかもしれません。

軽井沢でおいしいものは何でしょうときかれたら、やはり何よりも、お野菜とおこたえするでしょう。

ズッキーニは、コルリの野菜畑のレシピに、ケーキのルセットがあります。

ズッキーニのケーキをメーンに、スイーツギフトを用意してほしいと、リピートのオーダーをいただいたこともあります。

 

8月31日は、語呂合わせから、野菜の日とされています。

このイメージから、野菜のスイーツを多くご紹介してきた8月ですが、ことしは、どうしましょう。

 

軽井沢の季節のおいしさに、出合っていただきたいです。

おいしいものを、コルリの店で見つけていただければ幸いです。

2022年8月5日金曜日

マカロン屋の季節のおくりもの すいかのデザート


すいかのマカロンのオーダーをいただきました。
軽井沢から、出発したスイーツ便には、すいかのデザートを、添えました。


季節のおくりものになるかもしれない、すいかのマカロンたち。
冷凍便でお送りするお荷物の最低は60サイズ。
少し、余裕があります。


ここに加えたのが、すいかのデザートです。

すいかのケーキはこれまでになんどか、いえ、なんども作ってきました。
アーカイブするには・・・

インスタ映えなどとんでもないものばかりですが、今回も・・・


でも、味はアリのはずです。

下は、淡い抹茶のムースです。

すいかの皮のそばの白い部分を使ってスポンジのような生地を作ったこともありますが、今回はやはり抹茶。
縄の模様は、あずき、あん。

黒い種は、ブラックショコラをくだいたものです。

赤い生地に、すいかを使いました。
こくのある、ムースリーヌのようなものです。

白い筋は、ホワイトチョコレートで線描きしました。


すいかとあずきとの相性。
ショコラとも合うのは、「すいかバー」でもおなじみです。

すいかの好きな方に、楽しんでいただければ幸いです。

もっとも、結論は、ただそのまますいかを食べるのが一番、かもしれません。

それを確かめていただけるスイーツになるかもしれません。

2022年8月4日木曜日

軽井沢からお送りする軽井沢マカロンギフト


 すいかのマカロンのおとりよせオーダーをいただきました。

右上は、すいかのデザートです。

すいかの好きな方に、喜んでいただける贈り物になれば・・・


マカロン屋の季節のスイーツギフトが、軽井沢を出発しています。

2022年8月3日水曜日

軽井沢マカロンの核


8月3日は、語呂合わせでしょう、はちみつの日と、いわれます。

はちみつ、ではないのですが、炊いてびんに詰めたマルメラータの温度がおさまっています。

バラの花のマルメラータです。

マルメラータは、イタリア語でジャムのこと、マーマレードに響きが似ています。

マルメラータは、軽井沢マカロンの核になります。


軽井沢に咲いたバラの花びらを、お砂糖やシロップに漬けて、あわせて炊きました。

バラの季節は、ゆりとゆりの仲間たちにバトンタッチしています。
でももう、ホタルブクロに、りんどう。

紫の花も咲いています。


2022年8月2日火曜日

なぜかのリピートスイーツを


なぜかしら、リピートオーダーをいただくコルリスイーツが、紅茶のパウンドケーキです。

ノーマルな、いつもの紅茶のパウンドは、アールグレイを使っています。

きょう8月2日は、カレーの日とか、パンツの日とか、けっこうさまざまな記念日であるようですが、語呂合わせから、ハーブの日とされています。

リピートオーダーの紅茶のパウンドを焼く機会をいただいて、それではなにかと、ハーブティを使ったパウンドケーキも、合わせて焼きました。

最近ときどき使っている、カヌレ型でも、焼きました。

お召し上がり比べに、ちょうどよいサイズ感です。


 カフェインフリーのハーブティは、息災感があります。
2種類の異なるハーブティに、さらにもうひとつ、どんな感じになるかしら、と使ってみたのが、青い紅茶が楽しめる、バタフライピーのハーブティです。

レモンなどの酸を加えると、青い水色が赤くかわるという、最近メジャーになっている紅茶ですが、紅茶を出さずに茶葉だけで使うと、焼き菓子はどう仕上がるでしょう。

という実験結果も楽しみに、焼きました。

 

軽井沢も、気温があがっています。

標高が高い分、まぶしい陽があって、オーブンをつけると、室温をたしかめたくないぐらいになります。

でも、ハーブティが、さわやかに香っていて、やわらぐものがあります。

味わいもたぶん・・・

2022年8月1日月曜日

マカロン屋の葉月のマカロン


 新しい月、8月。
葉月とよばれるこの月は、軽井沢マカロンの定番フレーバーに、リーフをあしらった、「葉月のしおバニラ」をご紹介する月になっています。

こうしなければ、ということではないのですが、なぜか毎年のように、お作りしている、マカロンです。


リーフも、マカロンでできています。

夏!なすいかのマカロンとともに、気持ち涼やかなマカロンとして、お選びいただけるものであれば、幸いです。

 

暑中おうかがいもあと約1週間、なにかのごあいさつにも、していただけるかも、しれません。