2022年7月2日土曜日

マカロン屋の7月2日


 夏越の祓という6月のみそかは、半年の終わりでもあって、7月のはじめはなんとなく、めぐり移りゆきを感じるようなタイミングでもあって、でもそこに、カウントダウンです、大みそかですと、お伝えしながらすごす日々は、コルリだけの勝手なのですが、7月2日のきょうが開店した日という、それがその勝手の理由です。

まだるこしい長文をわざわざ記すことは、むかむかするような暑さをさらにむかむかさせて、このわざとらしさが、ますます7月2日をわざとらしくさせています。

2009年の7月2日には、3種類のマカロンを、ショーケースに並べました。
バラ、あんず、ルバーブ。
軽井沢の季節素材のみで作ったマカロンたちでした。
14年めのきょうは、18種類の定番フレーバーに、それ以外の、いつもあるわけではないけれど、あるフレーバーたち。
そして、あべさんたち。

きょうもまた、暑くなるようです。
軽井沢マカロンは、凍った状態でアイスのように、めしあがるのも、アリです。

¥100シャーベットをお作りしていた年もありました。
ことしは、どうしましょう。

7月の季節の軽井沢マカロン。
昨年、その前は、梅雨明けをまつ、虹を描いたマカロンをご紹介していました。
あじさい色のシリーズの年も、ありました。

でも、ことしは、梅雨がすでに、明けています。
ことしの7月は・・・

でもまずは、初心にたちかえるのが、きょうの心髄です。
14年めのコルリを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

店主 高橋千果(たかはしちか)

2022年7月1日金曜日

新しい月のカウントダウンスイーツ


店休日をいただきました。

本日午後より営業いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


あたらしい月になりました。

1週間後が七夕。

七夕は、サマーヴァレンタインという別名のある日に、いつごろからか、そうなっていて、そういうイメージ感から、ショコラ色の、星型のサブレたちを、焼きました。

 

七夕の日に、オーダースイーツのお話をいただいています。

サマーヴァレンタインの日のスイーツであれば。

2色のココア生地を、焼きわけました。

 

七夕のカウントダウンとともに、コルリの店も、カウントダウンをしています。

きょうは、コルリの店だけの、大みそかです。


 

2022年6月27日月曜日

営業のおしらせ そして季節のおやつ 


まことに勝手ながら本日より店休日の連休をいただきます。

1日金曜午後より営業いたします。

店休日のあいだも、メールをいただければ、お返事をさせていただいています。

ケーキ、オーダースイーツのご相談など、お気軽におよせいただきたいです。


季節のおやつをと、アメリカンクッキーを、焼きました。

チョコチップ風は、ショコラ、ミント。

チョコチップのかわりに、チョコミントのガトーショコラを、くだいたミント入りのチョコレートも入れて食感と味わいの変化を。それから、野生の軽井沢ミントをきざんで入れて焼いてみました。

もうひとつは、新茶の緑茶葉と抹茶に、くるみとココナッツをあわせた、なんとなく季節な風合いになりそうなかんじに。


結果としては、季節のおやつというより、自分の試作おやつに、なりそうな。

いえ、ちょうど連休をいただきますので、自分のおやつに、きまりです。

ただきっと、息災なおかしになるはず。

味、フレーバーや加える具を、いただきながら調整します。

 


夏のような、日々になるようです。

でも、梅雨があけたのであれば、夏のようではなく、夏なのかもしれません。



2022年6月26日日曜日

カウントダウンのミンスミート


6月さいごの週末土日と、思はせれば、ことしも半分がすぎようとしています。

気温があがって、頭がぼーっとしているのかもしれませんが、先のことがあたまにうかんで、夏のフルーツケーキを焼きながら、ミンスミートの仕込みを、しました。

 炊いてから半年以上ねかせて使うミンスミート。

半年後であれば、カウントダウン、年末です。

 

初春にあわせるなら。

そして季節の果物を使うのであれば。

 

春のフルーツケーキとして、何度かご紹介したことのある、うめ、もも、さくらのミンスミートを、炊きました。

6月の梅、ねかせていた梅たち、これから実る緑色の若桃。
若桃は、種の核も皮も、まだやわらかくて、食べることができます。

それから、すもも。ドライの桃。

そして、さくらは、さくらんぼう、チェリーです。

信州産の3種類のさくらんぼう、昨年キルシュに漬けた佐藤錦、ダークチェリー、ドライにしたさくらんぼうも、加えました。

梅の花が咲いて、りんご、あんず、ももの花が咲いて、さくらの花が咲いて。

 

フルーツケーキを焼くころは、きょうから30℃、40℃ほど低い軽井沢です。 

カウントダウンはまた、もうひとつのカウントダウンでもあります。

2022年6月25日土曜日

南の国


軽井沢で最高気温が28℃、おととい、きのう。そして、来週は30℃という予報がみえます。

6月をうたがうような、それではほかはどれほど、と思ううちに、週末がやってきていて、この土日は6月最後の週末土日だということに、気づきます。

お客さまにお渡しするまで、最低7か月たっているという、もうひとつのコルリスイーツ真骨頂、熟成フルーツケーキを、焼いて。

暑いとはいえ、それでもやはり、さめれば包装です。


外気があがれば、オーブンのある場所は、40℃をこえてゆきます。

もうそれなら、どうでもよし、と、オーブン仕事をとことん。

そして、これだけあつければ、と、別配合のミンスミートのフルーツケーキも焼きました。

以前にご紹介した、虹数、いえ、虹数をこえる、トロピカルなフルーツたちだけで炊いた、ミンスミーと使いのフルーツケーキです。

 

熟成フルーツケーキは、炊いたミンスミートを半年以上ねかせてから焼き、焼いたものをさらに1か月以上ねかせたものを、お客さまにお渡ししています。


1か月後、梅雨はあけているでしょう。

いえ、もしかしたら、もう梅雨があけたかも、しれないそうです。

 

季節の熟成フルーツケーキは、おもとめやすい\1000のサイズと、おためしサイズ\300の2サイズで、ご用意します。

思い出していただける機会がございましたら、お声かけいただきたいです。
 

2022年6月24日金曜日

ひまわり色のカヌレ


カヌレに浸透するうちに、また週末がめぐってきていました。

植えられたひまわりが、みえます。

 

オレンジの生果汁、市販のオレンジジュースを使って作り比べたカヌレたちを、デコレーションしたら、ひまわりの花のように、みえてきました。

 

梅雨もそのうちあけて、夏がやってきます。

気づけば、夏至の日がすぎていて、そう、もうこれから少しずつ、昼の時間が少なくなって、もう少しすれば、ことしも半分がすぎて、とは。

ひとまず先に、ひまわりの花が咲いています。

コルリの店をみつけていただきたいです。 

そして・・・!

2022年6月23日木曜日

カヌレーヌ


週が明けて、またカヌレ漬けな週が、はじまっています。

ショコラの生地を、牛乳のかわりに、生のオレンジの果汁で、作ってみました。
果皮をオレンジピールにして、のせて仕上げました。


 これは、カヌレではなくて、アメリカンなバターケーキです。
粉砂糖とバターをかけて仕上げるケーキを、カヌレの上のくぼみにのせて、作ってみました。

カヌレの生地ではない、マドレーヌのような、バターケーキをカヌレ型で焼くのであれば、このなんちゃってカヌレは、名づけるならカヌレーヌ・・・でしょうか。

 

検索してみると、カヌレーヌという、パティスリーのお名前が、ありました。

お店のお名前になっているとしたら、コルリのカヌレーヌは、煩わしいものでしょう。

 

 

2022年6月22日水曜日

軽井沢の季節を伝える素材


 軽井沢のルバーブは、5月ごろから、霜がおりるまで収穫されるとされています。

採れ始めの時季は、偏見かもしれませんが、少しえぐみ、灰汁を感じるような、でも言葉をかえると、野性味のあるような、風合いがします。

採れ始めから1か月ほどたつと、赤い色味がほどよく、味わいの好ましいルバーブに出合えるような気がして、コルリスイーツには、このあたりからのルバーブを、使うようにしています。

コルリでは、軽井沢マカロンの定番フレーバー、ルバーブ、いちごとルバーブに使用しています。

催事出展や、ご希望がある場合など、ルバーブをたいたマルメラータをびんに入れて、ということもあります。


ルバーブは、いちごと相性がいいと感じます。

フレーズリュバーブ、ストロベリールバーブと、ジャムをみかける機会があります。

 

ただカットして、お砂糖と煮るだけなので、ジャムを作られる方は多いです。

「ルバーブはツルヤさんのが一番」とおっしゃる方もおられます。

軽井沢に来てびっくりしたのは、ルバーブをお味噌汁に入れるという方がおられたこと・・・


22日は、ショートケーキの日、で、そして今月のねこの日です。

ねこはたぶん、ルバーブは食べないでしょう。

いちごが好きなねこは、いるかもしれません。

ルバーブを食べるねこも、いるかもしれません。

2022年6月21日火曜日

お菓子屋のおやつ


 おやつのバナナケーキの生地を、カヌレ型で焼いてみました。

ショコラのカヌレの上に飾りつけをしていたときに、もしかしたら、と思ったのがきっかけなのですが、

そのもしかしたら。

卵色の生地のカヌレ型のスイーツの上に、茶色ベースのデコレーションをのせたら、きっと。

ひまわりのように、見えるのでは。

 

季節のおかしと、ご紹介できるかもしれません。

線路沿いや道路沿いに、毎年ひまわりが咲きます。

種まきが、されています。

2022年6月20日月曜日

カヌレのゆくえ

牛乳のかわりにオレンジの果汁を使って、チョコレートやココアを加えて作るショコラのカヌレを、りんごで作ってみました。

チョコレートをかけたドライりんごのお菓子が、神戸の老舗に、あります。

とてもおいしい組み合わせです。

なのできっと、カヌレも・・・


上にショコラのクランチと、りんごのソテを、のせて仕上げてみました。


 ノーマルな生地の配合のカヌレがなかなかあがらないかわりに、このショコラのカヌレの配合は、まずまずです。

りんごは、今、なっていないはずなのに、仕入れることができるのは、なぜかと、以前にお問い合わせしてみたことがあります。

りんご産地を誇る青森県や長野県には、時季にとれたりんごたちの保存管理ができるシステムがあって、出荷時期を調整することが、できるのだそうです。


2022年6月19日日曜日

父の日の乾杯おやつ



 意外にもリピートのお客さまを獲得しているビールのパウンドケーキを、焼きました。

ジョッキやグラスに入ったビールのイメージで焼いているパウンドを、カヌレ型に入れて、焼いてみました。

ショコラの生地にも、少しビールを。


きょうは、父の日です。
きょうの乾杯おやつに・・・


このビールのパウンドは、焼いてあるので、たぶん子どもさんも大丈夫。

みなさまでめしあがっていただけるおやつです。

父の日に乾杯。
お父さまに乾杯です。

お父さまが逝かれたばかりの方が、お近くにおられます。

きょうをむかえ、すごされる思いが、それぞれにいっぱいです。

2022年6月18日土曜日

さてはてのカヌレ



 この配合でゆくと決めたカヌレが、なかなかあがらないまま、その試行錯誤をまた、しているうちに、週末土日になっています。

これまでのご意見番から、少し配合を調整したりしながら、それでもやはり、この配合と、追及したり。

焼く温度をかえてみたら、まったくこの前と別の状態のものになったり。

迷宮入りを感じています。

はてのない、ひまつぶしのおままごとが、仕事になっています。

でも、いい香りがします。

ご意見番お客さまのお越しをお待ちいたします。

2022年6月17日金曜日

カヌレ型で焼く季節のおかし

チョコミントのガトーショコラをご紹介しながら、その前に、ガトーショコラの生地を、カヌレ型で焼いたものを、ご紹介していました。

チョコミントのカヌレ型ショコラは、ミントのチョコレートや、ショコラのクランチをあしらって、仕上げました。
 

カヌレリバイバルブームといわれていて、カヌレをよく、みかけます。

デコレーションされた華やかで楽しいカヌレたちを、みます。


このカヌレ型のおかしは、カヌレではないのですが、このかたち、サイズ感が、とてもいい感じです。

このカヌレ型ショコラたちは、カヌレ型をくださったところに、さしいれサンプルスイーツに。


もし、コルリで今後このようなスイーツをコルリスイーツとして、ご紹介するとしたら。


 

さまざまなドゥミセックを、カヌレ型で焼いてみたくなっています。

でも、その前に、カヌレをかたちにしなければ、とも。


勝手なミッションをしごとにしながら、さてはて、きょうはご来店がありますかどうか。

でもきっと、よい香りがすれば、お立ちよりになりたくなるはずです。

 

2022年6月16日木曜日

季節の香りのガトーショコラ そして


 コルリの定番スイーツ、ケーキのガトーショコラも、フレーバーのついたものや、フルーツやナッツなどの具(?)を織り交ぜたものを、焼いています。

 

季節のガトーショコラは、ミントです。

チョコミントの、ガトーショコラです。

 

ガトーショコラは、1ホールでおもとめいただいています。

また、デコレーションをした、オーダーケーキとして、ご利用いただいています。

 

1ホールは直径12センチの型で焼いたものが¥850、直径10センチの型で焼いたものが¥450です。

父の日に、お父さまとご一緒に・・・

お名前やメッセージも、お添えいたします。

 

季節の香りのするスイーツを、みつけていただきたいです。

2022年6月15日水曜日

季節の香りを・・・


ときどき、おつきあいいただいている、使用をみきられたフレキシパンのカヌレ型を使ったカヌレ作りは、かたちにならないままになっています。

かわってできるのが、カヌレ生地ではなくて、ドゥミセックの生地をカヌレ型で焼いたスイーツたちです。

 

ロータスティのパウンドケーキの生地を、カヌレ型でも焼いてみました。蓮の葉のお茶のパウンドには、蓮の実も、入れました。

淡いグリーンは、ずんだと、軽井沢ビーンズたちの、パウンド生地です。

ショコラの色は、ガトーショコラです。

ショコラも、季節の香りがします。


父の日が近づいています。

小さなカヌレ型のスイーツは、ひとくちではないのですが、2、3口、3、4口ぐらいでしょうか。

おつまみおためしに、おすすめしたいサイズです。

2022年6月14日火曜日

季節の香りのパウンドケーキ


軽井沢町あげての季節のフェア、若葉まつりの期間は、終わっています。

もうすっかり、木々葉々の緑は当然のすがたになって、緑が、梅雨の雨にうるおいながら、増してゆきます。

春の色とりどりの花々たちは、白い花たちにバトンタッチしています。

自生するミントや、カモミール、マーガレットのような花たちのすがたが、印象的です。 


季節のかおりを、パウンドケーキで焼きました。


コルリでは、紅茶のパウンドケーキをよくご紹介しています。

オープン当初から、なぜかほぼ必ず、店にあるドゥミセックです。

 

ノーマルな定番はアールグレイのものですが、バラの紅茶、レモンとしょうが、ほうじ茶や緑茶。

ブルーベリーやもも、チェリーやベリーの香りの紅茶でも、季節に合う香りのお茶や紅茶を、パウンドケーキにしています。

 

そろそろ選ばれて出回るダージリンのファーストフラッシュでも。

でも、その前に、カモミールやミントを使ったハーブティの紅茶のパウンドを焼きました。

 

ちょっとしたおみやげや、おやつに、選んでいただけるようなお菓子であればと思っています。

季節の香りをきょうもまた、おかしにしてゆきます。

2022年6月13日月曜日

しごと

週明けのきょうは、週があけてもやはり、梅雨です。
ことしもまた、梅の季節になっています。


米粉を入れた、おにぎり型のマカロンをつくって、梅のマルメラータを赤、青と作ってサンドしたうめのおにぎりマカロンをご紹介したこともありました。


梅酒になった梅の実を使って、パウンドケーキを焼くことも。

ことしは、なにをしましょうか。

軽井沢産の梅は、仕入れるようなものはありません。

お庭に梅の木があれば、というかんじ。


おとなり群馬の梅を、かなり見かけます。


無理になにか、する必要があるものではないのですが、梅仕事をしてみたくなる季節になっています。
 

2022年6月12日日曜日

匠海さんのお誕生日の後日談をいただいて


お客さまから、おたよりが届きました。
画像が添付されていました。
オーダーケーキと、ご来店時におもとめくださったマカロンが、ありました。

大切な機会に、オーダーをくださり、ありがとうございます。

「次の機会がありましたら」よろしくという、お言葉がありました。
次の機会があるのであれば、とは、ないかもしれない、とも思えました。

いただける機会に、精いっぱいのものをお作りしています。
もっともっと、追及してまいります。

2022年6月11日土曜日

大好きな匠海さんの23歳お誕生日に


ハート型のケーキは、グラサージュをして、デコレーションをしました。

ご希望は、オレンジ、ひまわり。
そして、匠海さん、23歳のお誕生日。
そして、INIというシンボルマークをあしらったケーキでした。

梅雨に入ったばかり。まだ見ぬひまわりの花が、ケーキの上に咲きました。

ひまわりの花びらは、マンゴーです。
ショコラのなかは、淡いオレンジ色のムースです。
オレンジ、レモン、日向夏を使っています。

側面には、INIのシンボルマークを、オレンジのゼリーやムース生地など、3種類のオレンジ色のパートをパズルのように、あらわしました。

リーフや茎は、抹茶のカヌレ生地でできています。



大好きな匠海さんのお誕生日は、6月14日のようです。

匠海さんの、シンボルカラーが、オレンジなのだそうです。
ひまわりは・・・
たぶん、匠海さんが歌われた、ひまわりの歌の思い出かもしれません。

 オーダー、ありがとうございます。

大好きな方のケーキを、作らせてくださり、感謝申し上げます。


まだ見ぬものを、まだ見ぬ前に、さらにスイーツのご相談をいただきました。
もしかしたらまた、大好きな方のためのスイーツを、お作りするかもしれません。

また、ご紹介させていただきたいです。

2022年6月10日金曜日

まだ見ぬオーダーケーキ 

きょうは、オーダーケーキをお渡しするお約束をしています。

テーマやイメージのご希望をいただいて、でも、ケーキ自体は、テーマやイメージにあうような、おまかせです。

グルテンフリーのビスキュイショコラサンファリーヌの、ほどけるような生地のなかは、オレンジ色のムースです。

底生地は、サンファリーヌとともに、さまざまなフルーツ、ナッツを使った生地をしいてあります。

これから、グラサージュをして、デコレーションをして。

イメージは、オレンジと、まだみぬひまわり。それから・・・

メッセージやお名前をハート型のサブレに描いたので、ケーキもハート型にしました。

大好きな方のお誕生日のケーキです。

まだ見ぬオーダーケーキはまた、できましたらあらためてご紹介させていただきたいです。

オーダー、ありがとうございます。

メールやお電話でやりとりさせていただいた、まだ見ぬオーダー主のお客さまにお目にかかれることが、まず楽しみです。
 

2022年6月9日木曜日

若葉まつりのある軽井沢の父の日のある6月のメンズにご提案したいマカロン屋のオーダーケーキたち


町あげての若葉まつりの期間、緑の美しい軽井沢で、お作りするケーキは、青葉をイメージできるような、色をしています。

父の日のある6月、なんとなく、ビールを使ったスイーツを、お作りしています。
ビールには、えだまめ・・・
グリーンは、ずんだの色です。

ずんだとビールに、ショコラや、軽井沢の特産・花豆とあわせたあずき、うぐいす豆などのビーンズたち。

ムース使いのアントルメを、ご提案するとしたら。



父の日に、お父さまとめしあがっていただけるようなケーキ。

父の日が10日後になっています。



メンズの6月のお誕生日だったら・・・

マカロン屋のオーダーケーキを、もし思い出していただければ、ぜひとも、お作りいたします。

こんなかんじで。

こういうものを。

これぐらいの予算で。

おすすめは・・・


お気軽にご相談いただきたいです。

2022年6月8日水曜日

マカロン屋のオーダーケーキ「お誕生日の乾杯パナッシュ」


おすすめをと、お作りしたお誕生日ケーキを、仕上げました。

迷いましたが、虹と、青い鳥コルリバードのハッピーアイテムを、かざりました。

メンズオーダー、ご同伴との軽井沢ステイ先で、おふたりでめしあがるケーキです。



 いちごは、ケーキの「パナッシュ(りんごとビールのカクテル)」には、関連しません。

ケーキにのせて、サブレをのせたら、たぶん、サブレの重みが、いちごを押してしまうでしょう。

ふつうにいちごのショートケーキを、もしかしたら、ほかのパティスリーさんにたのまれたら、たぶんいちごのショートケーキをお召し上がりになっていたはず。

今回、おすすめは、とたずねてくださったオーダー主のお客さまに、このようなケーキをお作りすることになり、でも、軽井沢のいちごも、めしあがっていただけたらと、思いました。
軽井沢のいちごも、やはりおすすめしたい。

いちごは、ケーキに添えて、お渡しすることにしました。

オーダー、ありがとうございます。

ご想像外のケーキをお受けになったことと思います。
お受けくださり、感謝申し上げます。

2022年6月7日火曜日

マカロン屋のオーダーケーキ「なにかおすすめは~」

店にメンズのお声で、お電話がありました。

お出かけ先の軽井沢で、ご同伴のお誕生日を祝われたい、というお客さまでした。

どのようなケーキがご希望かおたずねしたところ、

「なにか、おすすめはありますか」


「・・・そうですね・・・」

ご夕食のあと、お酒をのみながらめしあがると思います、というケーキ。

突然のお電話口で、なにがおすすめかと、思いついたのは

「ビールはお飲みになりますか」

軽井沢のビールを使ったケーキを、ご提案しました。

がっしりおめしありごたえのあるケーキか、ふわふわか。

ふわふわな食感のケーキがいいとのことでした。


土台をビール、ココアの2種類のシフォンケーキを使い、フロマージュを使ったムース、ショコラでコーティングした、ケーキをお作りしました。

軽井沢のいちごも、めしあがっていただこうと思いました。

ケーキのイメージは、パナッシュです。

パナッシュは、りんごジュースとビールをあわせたカクテルです。

ケーキには、ヴァニラとビールで煮てからソテしたりんごが、入っています。


デコレーションは、これから。

どのように、かざりましょう。

パナッシュには、いちごは関連しません。


 

2022年6月6日月曜日

カウントダウンお誕生日を軽井沢ビールなコルリスイーツで


父の日のある6月、若葉まつりの軽井沢からお送りする、6月のお誕生日の方へのギフトを、お送りしています。

ずんだ(枝豆)と軽井沢ビールで乾杯していただきながら、お誕生日のカウントダウンをしていただくスイーツギフトです。

 

年代がかわる、スペシャリーなタイミングのことしはきっと、特別なお誕生日を、祝われるはず。

もしかしたら、別のお誕生日ケーキや、お祝いがあるかも。

 

お誕生日をカウントダウンしながら、年代をこえていただけるような、おやつになっています。

美しい緑の季節のお誕生日が、やってきます。

2022年6月5日日曜日

マカロン屋のオーダースイーツ 「『一年記念日』のかんきつショコラ」


おふたりで、軽井沢へ。

おふたりの交際1周年を祝われたいというお客さまが、スイーツをオーダーしてくださいました。

オーダー主はメンズ。

ご希望は、生クリームやフルーツを使わないケーキで、クッキーなどで工夫してデコレーションしてほしいというものでした。

ケーキはおまかせ。

メッセージのリクエストがありました。

ご予算が、おふたりで召し上がるケーキには多いものでした。

2種類のケーキと、マカロンを添えることにしました。

メールのやりとりの間に、追加されたのが、かんきつ類、ぶどうなら、使ってくださいというおたよりでした。


ケーキは、ショコラとオレンジ、マンダリンオレンジで仕上げたシフォンと、エアリーなガトーショコラを「1」の形に、シャンパンのガナッシュクリームと、ワイン煮のぶどうをサンドしながら仕上げた2種類です。

クッキーとあったので、一番下に、れんがや石畳のような、ショコラのサブレをしきました。

デコレーションは、マカロンたちです。

 


 

マカロンは、オレンジ系と、ブラウン系の2パターンにしぼりました。

オレンジ系のマカロンはかんきつで、ブラウン系のマカロンは、レザンで仕上げたものです。

 

オーダー、ありがとうございます。

 

どうしても6月となると、ジュンブライドを連想してしまい、おふたりの行く末をイメージしてしまいます。


おふたりのご多幸を、信じます。

今週末、お作りしているオーダーケーキもご紹介させていただきたいものです。

これもまた、メンズオーダーの、特別なケーキです。


そしてきょうは、父の日の2週間前・・・
父の日におすすめしたいスイーツも、ご紹介させていただきたいです。