2019年8月25日日曜日

青い真珠

カレンダーをみると、きょうが8月さいごの日曜日だとみれば、きょうの尊さが増すような気がします。
軽井沢の夏の宝石のようなブルーベリーの収穫は、終盤です。
季節をとじこめたスイーツたちが、きょうもできています。


ブルーベリーのシフォンケーキと、マフィン型では、まるでブルーベリーの種のような、ポピーシードをあわせたケーキ。どちらもアメリカンな、カントリーな、スイーツたちです。


フレッシュでそのまま。
そして風味をかえたお焼き菓子で。
味わっていただいた思い出を加えていただいたいです。


数日前から上皇になられたご両陛下が軽井沢にいらしています。
おふたりも、青い真珠を楽しまれたかもしれません。

2019年8月24日土曜日

落涙のオーダーケーキ



少しひんやりとした朝にはみえていた雲が、いまはほとんど見当たりません。
空の青面積は、ここ1週間で最大でしょう。
まぶしい空は夏のようで、でも風はなんとなく、秋です。

軽井沢のブルーベリーを使って、ケーキをお作りしています。
ご予約をいただければ、リクエストにおこたえしながら、ご希望にそったケーキをお作りしています。


コルリでは、当日その場で、これからいますぐ、というようなオーダーケーキも、お作りしています。
ご予約のケーキは、ご変更やお見合わせの場合、できれば3日ぐらい前までに、とお願いしています。
当日の場合は、お見合わせはお受けできません。

約1時間のお時間をいただいて、お作りしたケーキです。

11年めの営業をさせていただいておりますが、はじめての場面に出合いました。
当日お電話でお問い合わせがあり、お作りすることになったケーキを、お作りして、お渡ししました。
一度店を去られたあと、オーダーをくださったお客さまとは別の方が、先ほどのケーキをキャンセルできるかと、お越しになりました。
ほかの方にまわせるものではございませんし、キャンセルはお受けできないと申し上げました。


オーダーケーキは原則2500円からお作りしています。
ケーキの材料、工費はもちろんですが、シート、箱、ろうそく、袋までが、お値段になります。
ぎりぎりです。
軽井沢はいなかかもしれませんが、都市部のスイーツの価格から比べれば、破格でお作りしています。


ケーキ屋さんに並んでいるケーキを選ぶのとは、ご面倒の多いオーダーケーキですが、もしなにか、機会がございましたら、コルリをみつけていただきたいです。



2019年8月23日金曜日

オーダーケーキのゆくえ


 3日ぶり、4日ぶりでしょうか。雨も雲もあるものの、空に青さがみえます。
また雨がふるようですが、いまは雨はなくて、そこにとんぼが飛んでいます。
とんぼの姿をみるのは、きょうが初めてとは、作り話のようですが、きょう23日は、処暑といいます。

 ねこの日に、すばらしい偶然がうれしいオーダーケーキをお作りしました。
お誕生日の主役は、60歳のピアノの先生。
祝われるオーダー主のお客さまのお宅に、三毛猫がいるそうです。
いただいたリクエストは、ピアノ鍵盤、音楽モチーフ、三毛猫、そしてメッセージに60でした。
また、ケーキは生クリームの仕上げなどをせず、あっさりしたものというご希望もうかがいました。
 あっさりしたケーキ。
ホストは軽井沢の地元のお客さま。
たけなわの軽井沢ブルーベリーを使ってケーキをお作りすることにしました。
シフォンケーキに果汁、果肉を焼きこみました。
そのままで味わい深いケーキであれば、生クリームで仕上げずとも、お楽しみいただけるはずです。
 そのあとになって、ミルクレープも候補になさっているおたよりが届きました。

ミルクレープは、がっつり生クリームを使って仕上げるケーキです。
あっさりしているかどうか・・・
ミルクレープだけにすれば、あっさりのご希望にはそえないのではないか・・・
そこで、プラスミルクレープを考えました。

ミルクレープの素材を、ロール状に巻きあげて、小さく作りました。
ここにやはり、ブルーベリー。
それから、ねこの肉球をイメージして焼いた小さな円形のサブレ、ブルーベリーのジュレを、飾りました。

シフォンケーキの穴の部分に生のブルーベリーたちをうめて、シフォンケーキの上にもフレッシュなブルーベリーをのせてから、サブレをかざりました。
そして、小さなミルクレープです。

ケーキのピックアップにみえたおしどり夫婦のお客さまは、コルリの熟成フルーツケーキもおもとめくださいました。
フルーツケーキは、きょうのお持たせスイーツに、してくださっているようです。

オーダー、ありがとうございます。

2019年8月22日木曜日

8月のねこの日のオーダーケーキ


きのうもきょうも、予報の伝えるとおりの、ぱっとしないお天気になっています。
時折やむのですが、時折強まる雨は、きのうはかなり強い雨があって、きょうはそういう雨がなければと、思うきょうは22日、今月のねこの日です。



偶然が、うれしいねこの日になりました。
きょう、ご予約をいただいたオーダーケーキを、これからお作りします。
60歳のお誕生日の主役は、ピアノの先生なのだそうです。
ケーキに、ピアノ鍵盤、音符などの音楽モチーフ、そして三毛猫をと、メールに猫の画像が添付されていました。


5名さまで召し上がるというケーキは、生クリームを使わずに、あっさりとしたものをというリクエストをいただきました。
かざりのサブレパーツを焼きながら、どんなケーキをお作りしようか、考えていました。


どのようなケーキができたか、またあらためてご紹介させていただきたいです。
ねこの日に、ねこなケーキのオーダー、ありがとうございます。


2019年8月21日水曜日

ねこ派でもなくてもねこなコルリスイーツたち

神社の花火で夏が終わるといわれる軽井沢は、花火の夜がすぎたきょうは、ことのほか静かに感じます。
風がいくらか涼しく、暑いねという声がきこえなければ、やはりもう、夏が終わったのかもしれないと、感じます。
気のせいかも、しれません。


カレンダーは21日の水曜日。
であれば、あすは22日。
今月も、ねこの日がやってきます。


ねこの日には、ねこ派でも、そうでなくてもきっと、喜んでいただけるかもしれないスイーツを、ご用意しています。
ねこ派でも、そうでなくても、ぜひとも、ねこなコルリスイーツをみつけていただきたいです。


2019年8月20日火曜日

花火の日の思い出おやつに11年めの番外「マカロン入りビスコッティ」

 これまで平日でなかった日があった記憶がありません。
きょう8月20日は、軽井沢地元の諏訪神社の花火の日です。
この花火の日は、軽井沢の夏の終わりだといわれてきた、その花火の日です。
順延やとりやめになった記憶がありません。
多少の雨をかまわず、力強い花火の音が、旧軽井沢一帯にきこえる夜です。
たぶんきょうも、この雨まじりの日でも、花火はあがるのでしょう。

定番スイーツ「マカロン入りビスコッティ」を、思い出おやつに加えたくなりました。
ブラックココア生地に、色とりどりに。
なんとなく、花火の空にみえるかもしれないと、焼いたものです。
花火のイメージのマカロンをご紹介した夏もありました。
ことしは、すいかもひまわりも、花火のマカロンも、お作りしていません。
そういう思い出も、この夏は、思い出おやつにかえています。

2019年8月19日月曜日

季節のおくりもの


きょう8月19日は、語呂合わせでしょう、バイクの日なのだそうです。
それならばきっと、俳句の日で、ハイクの日でも、あるでしょう。
お盆のお休みがあけて、なんとなく、静けさのある軽井沢に、浅間山の情報を伝えるアナウンスがひびきました。


浅間山 入山規制 解除され
とは、そのままながら、俳句ではなく、川柳でしょうか。
残る夏休みに、浅間山ハイクのご予定が、たてられそうです。


軽井沢ベリーたちの収穫は、ブルーベリーと、そしてもうそろそろ、旬はブラックベリーになりそうです。
そして、りんごが、採れ始めています。

季節がうつりゆきを、コルリスイーツにしてご紹介したいと、お菓子を作っています。
「季節のおくりもの」をみつけていただきたいです。