2019年7月16日火曜日

軽井沢からお送りするいちごのショートケーキ

きょうもまた、きのうのような空ですが、3連休が終わって、きょうになっていることを、往来に教えられます。
大好きなくるま、とくにバスをあしらった、お誕生日のケーキを、オーダーいただきました。
ショートケーキを、いちごを使って、お作りしました。
主役は2歳。添加物をなるべく使わないでという、リクエストにお応えして、自然の色、素材でできています。


おとりよせのケーキは、冷凍便でお送りしているため、生の果物を使うことができません。いちごは生のものを使っていないため、サンドのクリームに、いちごの果汁をプラスして、かざりのいちごたちだけではなく、いちごの味が出るように、しています。







おのせしきれないサブレは、思い出おやつにしていただければ幸いです。
もし、サブレのかざりが壊れたりしていたら、という予備分でもあります。


オーダー主のお客さまは、約3年前、軽井沢ウェディングされ、コルリスイーツをウェディングスイーツに、オーダーくださった方です。忘れられないおふたりの間に、お子さまがおうまれになり、2歳になられたという、また思い出を加えてくださいました。




お誕生日おめでとうございます。
コルリを思い出してくださり、オーダーをありがとうございます。

2019年7月15日月曜日

軽井沢からおとりよせ大好きアイテムといっしょに・・・いちごの日のお誕生日

プレ夏休みの3連休の最終日、きょうは、先ほどから、雨はやんでいるものの、またふるといい、らしくない海の日の空になっています。でも、15日は、毎月のいちごの日。きょう、祝われるお誕生日ケーキのリクエストがショートケーキであれば、もちろんやはり、いちごでしょう。


きょう、コルリのおとりよせのオーダーケーキで、お誕生日を祝われるお客さまに、ケーキをお送りしています。きっと、お手元に届いたかと思います。
リクエストは、ショートケーキに、大好きなくるまがのっているもの。
以前に、くるまが好きで、とくにブルドーザーがなぜかものすごくお好きという、主役さんがおられたのを思い出して、おうかがいしてみると、くるまのなかでも、バスがお好きだという、ことでした。


コルリでは、おとりよせのケーキは、経常保持やデコレーションの落下防止のために、すべて冷凍便でお送りしています。このため、いちごのショートケーキの場合は、生のいちごを使うことができません。大好きなバス、くるまのモチーフとともに、いちごの形のサブレも焼きました。それから、2歳。「2」の形のサブレも、目鼻口、足のかわりに車輪(?!)をつけて焼いてみました。


リクエストに、なるべく添加物などを入れないで、とお添え書きがありました。
サブレの色は、すべて自然のものです。ピンクはビーツの色、緑は抹茶。ブラウンはココアです。

台になるシフォンケーキも、コルリではベーキングパウダーなど添加物は使わずに焼いています。

 お受けいただき、お楽しみいただけるケーキであればと願っています。

2019年7月14日日曜日

大好きキャラといっしょにお誕生日 軽井沢ベリーなキティさんシフォンショート

まさに梅雨空。
3連休の中日は、なんとなく残念な気持ちがする空ですが、考え方をかえれば、雨具は要るものの、すごしやすい、きょうです。3連休でさまざまなイベントがあるようですが、どのようにすごされておられるものなかしらと、空をみています。

旬の軽井沢ベリー、きいちごを使って、いただいていたオーダーケーキをお作りしました。
ベリーの朝採りは、確証のないものなので、ほかにもフルーツを準備していましたが、軽井沢のいまを、お誕生日とともに祝っていただきたいと思いました。


オーダーケーキのリクエストは、お名前とメッセージに、主役の大好きな「キティちゃん」がいる、ショートケーキです。
ことしキティさんは45歳になりますが、主役は4歳になられるおじょうさまです。



シフォンケーキは、いちごを使ってピンク色にしました。
生では味にばらつきがある夏いちごは、シフォンケーキに織り交ざって、引き立て役になっています。


軽井沢のフランボワーズも、それだけでは、ショートケーキのフルーツとしては、どうでしょう。
ベリーの果汁を使ってジュレを作ってみました。
そのジュレを、きいちご、生クリームとともにサンドしてみました。
ベリーづくしのショートケーキです。


サブレでできたハートや、キティさんのリボンを、かざりました。
リボンのサブレは、ほどける感があります。
切り分けるときにす~っと、ナイフが入るはずです。


お誕生日おめでとうございます。
オーダー、ありがとうございます。

オーダーケーキは、ご予約をはやくいただければいただけるほど、時間を使ってお作りすることができます。
コルリでは、当日いま、この場で、というオーダーケーキもお作りしています。
いただけるお時間をいっぱいに使って、精一杯のものをお作りしています。

なにかの機会に、コルリを思い出していただければ幸いです。





2019年7月13日土曜日

旬の軽井沢ベリーとともにむかえる3連休

3連休のはじまりの朝は、しばらくぶりのおひさまがのぞめるものでした。
梅雨明けは月末かも、令和の夏は冷夏かもと伝えられたばかり。
しかもきょうは、夕方には雨になるといいます。
それならば。
人知れず実っているので、ひみつの花園と呼んでいるところに、約1年ぶりに行ってみれば、美しいきいちごたちが、ちょうどよく待っていました。
雨にあたったベリーはだめです。
採って味わえるのは、きょうだけかもしれません。


きのうの午後、お電話がありました。
お問い合わせをされたケーキやさんで断られたというお客さまのご希望は、きょうご利用になりたいという、ケーキです。
キティさんがついたケーキがよいという、主役のご希望が急すぎて応えられないというお断りから、コルリの店を、さがしてみつけてくださったようです。


サブレの生地を仕込んで、焼きました。
これがすべて、1台のケーキにのるものではない量ですが、もしかしたら、こうかも、ああかも、という、選択肢すべてを、焼きました。

それから、土台のシフォンケーキ。
たしかに急なのですが、間に合いそうです。


これからケーキをお作りしてまいります。

3連休、軽井沢にお出かけになられるようでしたら、ぜひともコルリに遊びにお立ちよりくださいませ。
朝採りのベリーたちとともに、お待ち申し上げます。


2019年7月12日金曜日

引き続き軽井沢マカロン「虹色の星空のオペラ」


店休日をいただきました。
本日午後より営業いたします。
7月はこのあと休まず、また、8月9月は無休で営業させていただく予定です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


7色の新作シリーズ、虹色の星空のオペラは、サマーヴァレンタインな七夕が終わりましたが、引き続きご紹介いたします。

もしかしたら月末になるかもという、梅雨明け待ちを、楽しめればと願います。


おひとつ\175です。
7種類セットでしたら\1200です。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


2019年7月11日木曜日

四万六千日のいとをかし

店休日をいただいています。
昨日7月10日は、浅草に行ってきました。15年?20年?それぐらいぶりです。
帰京の折、この7月10日が浅草のほおずき市のある日で、さらに7月10日とは、四万六千日という、ご利益のある日だそうで、この7月10日のほおずき市には、平日でも55万という人出があるという、それを、初めてみてきました。

風鈴をあしらった愛らしいほおずきの鉢もたわわにみえましたが、目に入るものは、どうしてかスイーツばかり・・・
浅草といえば雷おこしは、外仕事先のおみやげに、それから、人形焼の元祖という、お店では、抹茶あずきという、新味の人形焼をみつけました。

なんと愛らしい、いれものでしょう。
鳥さんの形も、とてもかわいい!
元祖は明治元年から、この人形焼を焼いているとのことでした。






やっと10年、11年目のコルリの店と、この鳥さんのいる、55万のお人を一日で迎えている場のおかしやさんは、くらべものになりませんが、くらべるものでもないなぁと、思いました。



 いとをかし。
店休日をありがとうございます。
もう1日お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年7月10日水曜日

マルベリー!

雨のない空は、しだいに青くまぶしくなりました。
気温が久しぶりに20℃をこえるといいます。

きょうの朝採りは、桑の実です。

これは・・・どうでしょう。
おやつで終わってしまうかもしれません。


夜を待たずに雨の空に戻るといいます。
台風も、近づいています。

そのときそのときの、ひとときを、楽しめるように。
そこにコルリスイーツがご一緒できればうれしいとおもいます。





店休日のおやつ

店休日をいただいています。
おやつは、試作品です。

昨年は6月の終わりに梅雨があけた年でした。
まだ梅雨なので、梅を使って・・・
ひきあげたお砂糖漬けの梅をマルメラータ状にしたものを、おりこんで2種類のおかしを焼きました。


ひとつはふわふわ。
もうひとつはみしっと

バターケーキ風のパウンドケーキに近い生地です。






マドレーヌのような・・・お菓子です。
最近いろいろなレシピをふりかえっていたら、いわゆる日本のレトロなマドレーヌと、フランスのマドレーヌのルセットに、特徴的な違いがあることに気づきました。
いまさらですが。

試作品おやつは、日仏のそれぞれのマドレーヌの雰囲気に、季節のかおりを加えてみたものです。
ご近所はご意見番になってくださるでしょうか。