2021年6月23日水曜日

そしてバラ

 


店休日をいただいています。

バラの花を、いただきました。


タカハシさん、黄色が好きでしょう、と選んでくださったバラです。

軽井沢のバラではないようですし、それもたしかではないですし、店にかざっておくことにしました。



いや、でも、やはり。

このバラは、どんな味になるでしょう。

黄色いバラはどんな色になるのでしょう。


お花がみずみずしいうちに。

そしてまた、バラのマルメラータができてしまうようです。



2021年6月22日火曜日

門外不出の季節のマルメラータ 軽井沢のバラ そしておしらせ


店休日をいただいています。
ローズシーズンたけなわの軽井沢のバラを、マルメラータにしています。

どんなふうになるでしょう。
どんな味かおりがするでしょう。
花びらのすがたはすっかり変わって、食べられるものになって、その味わい、香りがいつも違うところが、楽しみでもある仕事です。
バラの花びらのマルメラータは、軽井沢マカロンの核になります。

バラのマルメラータはいままで一度も、ジャム(商品)としてご紹介したことのないものです。

でももしかしたら。

もう少し、そしてもっと。


コルリの店が、ローズガーデンになるような、イメージが、わいてきたり。


でも、そしてきょうは22日で、今月のねこの日です。
ねこの日スイーツのご紹介は、いたしません。


そういえば、赤いバラが似合うねこが・・・

2021年6月21日月曜日

バラのなまえ そして店休日のおしらせ

 


まことに勝手ながら本日より店休日の連休をいただきます。

25日金曜日午後より、営業いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

店休日のあいだも、おとりよせやスイーツのご依頼、ご相談はメールをいただければいつでも、お受けしています。


夏至の日。


軽井沢のローズシーズンがはじまって、10日がたとうとしています。
軽井沢のバラです。

バラのなまえはいくつもあって、軽井沢のバラのスポットのひとつでは、400種といわれればもう、覚える気力も思い出す意欲もなくしてしまうほどです。


ことしの、いまの、軽井沢のバラを、めしあがって味わって、共有させていただきたいです。

2021年6月20日日曜日

父の日におおくりするききビールなコルリスイーツ

 


父の日のきょう、オーダースイーツが軽井沢を出発しています。

3月末に軽井沢のビールブリュワリー新スポットのができたのがきっかけで、さまざまな軽井沢のビールを使って、スイーツを作ってきました。

ああでもないこうでもないと、パウンドケーキばかりを焼いてきました。

ききビールがたのしめるような、ビールがよりたのしめるような、スイーツができないかと考えながら、よりおいしいものができないかと、作ってきました。

一応、このルセットかなというパウンドケーキができてきて、父の日に、もしビールのおすきなご家族がおられるならと、ご提案して。

 

先日、オーダーがありました。

父の日というおつもりではなくて、でも、ビールのパウンドケーキのリクエストでした。

3本。21日に着くように。


パウンドケーキは、切り口が、ビールを注いだ姿になるように、焼いてみました。

白い泡イメージの生地は、卵白だけを使ってメレンゲをあわせた、ビールの生地です。


ききビールのパウンドたち。

予備の予備、あわせて焼いたビールのパウンドたちは、もし、父の日のきょう、コルリの店でみつけてくださるお客さまがおられたら、おつかいいただきたいです。

 

オーダーありがとうございます。

 

2021年6月19日土曜日

よりききバターなコルリのきほん

 


あすが父の日という週末、6月の土日は、きょうあすと、あともう一度。

よりしあわせ感があるというジュンブライドの6月は、週末土日、お日柄のよい日は、軽井沢ウェディングのすがたが、そこぞこで、あるものでした。

コルリの店をみつけてくださり、青い鳥(コルリ)のイメージを気に入ってくださり、コルリスイーツを、ウェディングスイーツに選んでくださる方が、おられました。


プチギフトにと、サブレコルリのきほんを、小さなパッケージにしたものを、オーダーいただく機会も。

 

昨年、そしてことしの6月も、その機会がありません。

軽井沢ウェディングのすがたも。

 

コルリスイーツのミニパッケージは、店の\110コーナーで、ご紹介しています。

 

このミニパッケージのきほんは、ききバターをおたのしみいただける、サブレです。

 

駄菓子屋さんでお菓子を選ぶような、でもちょっとちがうかもしれませんが、楽しいお気持ちでみつけていただけるスイーツであればと思います。

そういうお菓子であればというお菓子を、きょうもお作りしています。

青い鳥の菓子店を、みつけていただきたいです。

2021年6月18日金曜日

森の白雪姫の乾杯おやつ

 


オーダーをいただいて、クランブルを焼くために仕入れたりんごは、オーダー分を作る分以上に、残りました。

りんごは、季節にミンスミートを炊いていますが、いまは、りんごの季節ではありません。


なにか別の。

りんごを、バター、キャラメルでソテしながら、ふと思いついたのが、パナッシュです。

りんごジュースを、ビールに注いだ飲み物(カクテル)です。

汁けがなくなったソテに、軽井沢のビールを、注いで、詰めました。

 

パナッシュな、りんごのソテに、くるみとピスタチオを加えて、パウンドケーキを焼きました。

森の白雪姫の、乾杯おやつです。

小さなパウンドを7つにすれば、白雪姫と小人たちのイメージが、できるかもしれません。

 

ビールのおすきな方に、一度ためしていただきたい、パナッシュです。

 

2021年6月17日木曜日

りんごのひみつ

 


ご予約をいただくスイーツではなくて、あらこれはなにと、選ばれるのが、クランブルのおかしです。

もとは、りんごを使って、焼きあげるものですが、りんごの時季ではない時季は、無理に作らず、季節のフルーツを使いながら、焼いています。


あたためても、つめたくても、そのままでもおいしい。
そして、なにげに、リピートをしてくださるお客さまがおられます。

めずらしく、クランブルのご予約をいただきました。
りんごで、というオーダーでした。

6月という時季に、無理にさがしたことのなかったりんごでしたが、信州、軽井沢のある佐久エリアの、地場のりんごを、みつけることができました。

でも、とても気になってたずねてみました。

この時季、りんごがなっている光景を、みたことがありません。りんごがなっている、収穫されているという話を、きいたことがありません。

「これはね」

「・・・!」


りんごの時季に、収穫されたりんごを、特別なマル秘方法で、保存しながら、少しずつ出荷されているものなのだそうです。

 

焼いたりんごのクランブルは、りんご型のサブレと、リーフのグリーンのサブレをのせて、包みました。

ひみつのりんごのクランブルは、りんごの時季になるまでは、ご予約をいただいてお作りするスイーツとさせていただきたいです。

 

2021年6月16日水曜日

季節のマルメラータ ふるさとのメロン そして

 



季節のマルメラータを、包装しました。

いつもの体裁をかえて、いつもとはちがうシールを。

大きなビンには、青い鳥のモチーフを、つけました。


メロンのマルメラータを炊いて、びんにおさめたのは、昨年はなくて、その前の年でした。

あおじろいメロンを、ミントとあわせて炊いた、ためいきのマルメラータです。


ことしのマルメラータは、ふるさとのメロン。

レモンと、かおりづけに洋酒を少し、加えています。


季節のマルメラータは、「軽井沢マカロン」の核です。

きっかけは、「軽井沢マカロン」の定番18種類のひとつ、オリジナルフレーバーのベリー二です。

桃にレモン、ミントを加えて、シャンパンで炊いたベリー二のマカロンをめしあがったお客さまから、この中身がほしいと、お声かけをいただいたのが、「季節のマルメラータ」のきっかけです。

 

数日後のカウントダウンをしながら、12年のさまざまなできごとが思い出されて、ただようような、時間瞬間が、あります。 

そして

2021年6月15日火曜日

季節のマルメラータ ふるさとのメロン

 




父の日5日前。カウントダウンをしながら、できるスイーツがあります。

スイーツができると、こんどはどのように包むかを考えます。

 

パパンのふるさとのメロンは、マルメラータにしました。

アムスという名前のメロンは、マスクメロンでも、赤肉メロンでも、ハネジューなどのメロンとも、また少しちがう味わいのある、メロンです。

 

季節のマルメラータ(イタリア語でマーマレード、ジャムの意)も、12年作り続けてきました。

手描きイラストのラベルを貼ってきました。

 

でも、こんなシールもいいかも。

軽井沢のスポット、聖パウロ教会です。

でも、シールを貼る以前に、軽井沢のいまは、このマルメラータのような色をしています。

2021年6月14日月曜日

一期一会のオーダースイーツ これでもプリン

 


緑がうるおう雨があって、予報の雷雨はなくて、雨のいきおいは、やわらかくやさしいものになっています。

ときどき雨はやんで、そこに青い空はないのですが、蒸し暑さではなく、しっとりとした風がそよぎます。

めずらしい、オーダーをいただきました。

プリンをお作りすることになりました。


先月の月末プリンをご覧になって、とすれば、グリーン素材を使った若葉の季節のプリンでした。


もう、どこにでもあるプリンです。

グリーン色のプリンは、抹茶のプリンが、もうほうぼうに、いまの季節であれば、どこでもみつけられるものです。

 

コルリにあえて、ご注文をいただいたとすれば。

それならば、どこにもないプリンを、お渡ししたいと思いました。

 

ピスタチオ、よもぎ、うぐいす豆、抹茶、ダージリンの新茶ファーストフラッシュ、ミント、ライム。

虹数以上のグリーン素材で焼いたパウンドをあわせて、パンプディングをイメージしたプリンを、焼きました。

プリン生地のベースには、最近加わったグリーン素材、メロンの果汁をあわせました。

焼いたプリンに、さらにメロンの香りがするパンナコッタ生地を流して、さらにメロンの果汁を使ったジュレで覆いました。

 さまざまなグリーン素材に、それぞれにメロンが加わって、どこをすくっても、ことなるグリーンの味がするプリンになっています。

 このプリンと同じ味のプリンは、できません。

一期一会のオーダースイーツは、一期一会のオーダーになってしまったら。

 

プリンはひとつひとつ、袋に入れました。

雨があるかもしれず、それでもオーダーをくださり、感謝申し上げます。

 

 

 

2021年6月13日日曜日

緑の踏襲 そして

 


緑の深まりに、入梅がすぎて、きょうの日曜日は、来週が父の日という日曜日です。
グリーンの素材を使って、ダッコワーズの生地を焼いてみたり。

アーモンドの粉にあわせて、うぐいすきなこや、くるみを粉末にして入れてみたり。

そういうお菓子を作りながら、またあらたなグリーンの素材が加わっています。

メロンです。

来週が父の日。

このメロンは、パパンのふるさとのメロンです。


1週間後がたべころという、その食べごろをむかえたメロンに、ケーキになる機会はありませんでした。

このグリーンをどうしましょう。 


きょういただいているスイーツのオーダーに、使うとしたら。

2021年6月12日土曜日

バラ色のマカロン

 


軽井沢にあるいくつかのスポットのどちらかで、はじまることしのローズシーズンが、きょう6月12日から、なのだそうです。

たずねたことがないのですが、軽井沢にはいくつかの、バラをほこるスポットがあります。

株数はたしかに記憶していないのですが、そのどちらかでは、400種という、バラをみることができるのだそうです。

 

そして、バラのシーズンは、開園をはやめて、むかえられるのだそうです。

バラ色のマカロンを、ご用意しています。

バラのマカロンは、「軽井沢マカロン」の定番18種類のフレーバーのひとつです。

 

バラの花びらを炊いたもの、バラの紅茶を使ったもの。

季節によってちがいます。

 

ことしの、いまの、軽井沢のバラを、マカロンで味わっていただけるように、お作りしています。

おひとつ\165です。

おひとつから、おもとめいただけます。

マカロン屋を、たずねていただきたいです。

2021年6月11日金曜日

入梅の日に

 


きょう6月11日は、ことしの暦の入梅の日だそうです。

梅雨をたのしみ、梅雨明けをまつスイーツ。

虹をモチーフに、サブレを焼いています。

涼やかで、さわやかなデザートも、ご紹介したくなってきました。

お客さまと出会える週末であればと、願われても、空が困ってしまうかもしれません。

2021年6月10日木曜日

あたらしい季節のトルテ

 


あのかたちで。

フルーツのかたちをした、フルーツのお菓子が、できました。
これはもしかしたら、あたらしい季節のトルテ、と申し上げてもいいかもしれません。


少し前に、かんきつのかたちをした、サバランのような風合いのオレンジケーキをご紹介すると、リクエストがありました。
でも、そのオーダーをいただいたときに、もうそのオレンジケーキはなくなっていて、あらためて、お作りすることに。

 

でもそのときに、オレンジケーキに使った材料はなくて、仕入れからあらためなければなりませんでした。

でも、それならば。

 

オレンジという素材は、軽井沢になじみのあるものではありません。 さわやかで、季節に向くフルーツですが、季節感があるかどうかは、わかりません。

 

発想をかえて、いちから考えて、作りました。

信州の6月といえば、あんずです。

そして、マスカット。

旬の素材を使って、作ってみました。


もうひとつは、きっとおいしいとイメージした、りんごを使いました。

コルリサイズの、フルーツのトルテです。

 

フルーツを生でケーキに使えないまま、使いきれないままになってしまう状況が、ずっと続いています。 

それでもどうして、でもそれならばという、かたちはまた、もっと試行錯誤をしてまいりたいです。


2021年6月9日水曜日

初味オランジェットなクランブル

 


季節のトルテとして、ご紹介している、クランブルのおかしがあります。

もともとは、りんごを使って、くるみを加えて、焼いているクランブルですが、オレンジとショコラで、はじめて作ってみました。

 

オレンジは、少し前に、サバランみたいなオレンジケーキなどを、ご紹介していました。

オレンジを使った焼き菓子をいくつか作りながら、今回のクランブルが、できました。

りんごのかわりに、オレンジがみしっと濃縮したドームが、中に。

そして、上にオレンジをイメージしたかたちの球体を、のせています。

半球と半球の間には、ショコラとさらに別のクランブルをサンドしています。

クランブルの本体部分も、りんごのかわりに、オレンジの生地と、マンダリン、グレープフルーツをあわせたショコラ、ガナッシュをサンドしています。

 

オランジェットな、クランブルです。

 

 

若葉を追ううちに、季節はめぐっていて、そろそろ。


ルバーブはもう、とれはじめています。

そして。

季節のトルテを、おためしいただきたいです。

2021年6月8日火曜日

たとえばなスイーツギフト 父の日に、そして

 


もっともっとと、作ってみた軽井沢ビール使いのパウンドケーキに、虹色ビールのサブレをそえて、スイーツのギフトを、考えてみました。


ききビールを楽しんでいただける、ビール使いのパウンド。
さらにききビールをしていただける、パウンドケーキのラスク。

父の日にも、ビールのおすきな方のお誕生日にも・・・

サブレは\150から
パウンドケーキはカット\120から、ホールは\800から
ラスクは\180から

おひとふくろずつでも、ご予算にあわせたギフトも。
ご提案させていただきたいです。

2021年6月7日月曜日

おとうさまと乾杯するための虹色スイーツ

 


ひととき、軽井沢のビールを使ったスイーツを、試作しながら、ご紹介していました。
もしビールがお好きな方であれば、父の日に、というスイーツのプレゼントにも・・・

そして、なかなかどうして、やめられない虹色スイーツを、あわせて、サブレを焼いてみました。


虹色ビールの横は、長野県のかたちのサブレ。

軽井沢のおとうさまに。

軽井沢のおみやげに・・・

そういうイメージをかたちにしています。

 

父の日は、おとうさまのごいっしょに、楽しんでいただけるようなスイーツを、考えています。

なにか、気持ちが伝わるような、ちょっとしたギフト、なにかに添える小さなギフトも、ご用意いたします。

ご相談、いただきたいです。


2021年6月6日日曜日

若葉まつりのおわりに そして2週間後の父の日に

 




毎年、軽井沢で町あげて、開催している「若葉まつり」の期間が、ことしはきょうまでなのだそうです。

芽吹きのグリーンはもはや、すっかりとしたすがたで、当然のような自然のすがたになっています。

グリーンの素材を使って、若葉をみて食べて、味わえるようなスイーツをご紹介してきました。

若葉まつりのおわりに。

パウンドを焼きました。

カットしてみなければ、どのようになっているかわからないパウンドを、カットしてみると。

イメージしていた、四つ葉のクローバーが、切り口に。

クローバーの葉は、ハートが集まったようなかたちをしています。

 

切り口がハートにみえるような、パウンドも、焼きました。


抹茶、ピスタチオ、うぐいす豆。

そして、ダージリンの新茶、ファーストフラッシュを使っています。


2週間後は、父の日という、日曜日です。

父の日にもし、コルリスイーツを、お考えくださる方がいらしたら・・・


どうぞお気軽に、お問い合わせをいただきたいです。

そしてどうぞ、お気軽に、店にもお立ちよりいただきたいです。